読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

昔を懐かしむ98歳の母、昔のことをしっかり覚えています。

親戚のご夫婦が、わたしの母に会いに来てくれました。

 

ご主人はわたしのいとこです。

幼い頃、よく遊んでもらったものでした。

 

わたしが高校生の頃、私たち家族は引越しました。

だから、その町とは縁遠くなりました。

 

そのご夫婦は、わたしが生まれ育った町にずっと住んでいます。

ご主人は73年間です。これからもです。

 

母はその頃の町内会の人たちのことをいろいろと尋ねていました。

母は、しっかり覚えています。

そのご夫婦は答えてくれます。

 

「もう亡くなっているよ。」

「今、どこに住んでるのかわからないよ。」

「そこは、もう、空き地。」

 

私たちの住んでいた家は、空き家になっているそうです。

 

その町は、子供が少なくなって、学校が統合されたり、公営市場が無くなったりと、閑散としているそうです。

 

「もう98歳やから、おばさんがその頃知っている人はもういないよ。」

と、73歳と70歳のご夫婦は母に言っていました。

 

それはそうですよね。

 

わたしは、そんな話を聞いていて、幼い頃に遊んだ町の様子が頭の中で鮮明によみがえってきました。

 

懐かしいというよりも、さびしい。

 

母は、今、98歳です。