読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

幼い頃のことがよみがえった。アニサキスの幼虫だったのかあれは・・・。

今朝、何気なくテレビをつけました。

 

朝日テレビで「羽鳥慎一モーニングショー」がやっていました。

渡辺直美を襲ったアニサキス食中毒の予防法というものでした。

アニサキス食中毒?

初めて聞いた言葉です。

www.mhlw.go.jp

アニサキスについて調べました。

 

アニサキス寄生虫(線虫)の一種。
・その幼虫(アニサキス幼虫)は、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見える。
アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生する。

 

とありました。

 

幼い頃のことがよみがえってきました。

わたしが幼い頃にしめ鯖(わたしはきずしと言ってました。)を家で食べようとした時、白い短い糸が動いていたのです。

家のものにそのことを言ったのですが「この子は何言ってるの?」という感じで相手にされませんでした。

でもわたしは気持ち悪くて、それ以来長い間、しめ鯖を食べることができませんでした。

しめ鯖を見ると、その動く白い糸を思い出すのです。

 

あれは一体何だったんだろうか・・・

ずっと思っていまいした。

 

あれは、アニサキスの幼虫だったんですね。

 

この歳になって、初めて知りました。

あ〜、思い出したら、気持ち悪くなってきました。

忘れていたのに・・・・・

あの時、食べなくてよかったです。

私のしめ鯖だけについていたのかなあ・・・誰もお腹が痛くなりませんでした。

 

この10年で、アニサキスによる食中毒の報告件数が20倍以上になっているといいます。

あ〜、気持ち悪い。嫌だ!!!!!