読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

「ほけんの窓口」ではなくて、「NHS(日本保険サービス)」に相談してみました。

速水もこみちさんが宣伝している「ほけんの窓口」がずっと気になっていました。

わたしが相談しに行ったら、どんな保険プランを提案してもらえるのかなあと思っていました。

 

そんなことを思っているときに、「NHS(日本保険サービス)」という会社から電話がかかってきて、「お家にお伺いします」ということで、今日、担当の方に来てもらいました。

 

ファイナンシャルプランナーていうのですね。

 

現在、わたしは、かんぽ生命の保険商品に入っています。

 

5年前に、毎月の保険料が負担になってきたので、その保険を解約して、「新ながいきくん」という終身保険に切り替えました。

 

毎月21900円払っています。

70歳まで払い続けます。

疾病障害入院特約が付いています。

 

先進医療特約もつけたかったのですが、私が、1999年にガン治療をしているのでそれはつけれませんでした。

 

今日、「ネオ deいりょう」という商品を勧められました。

先進医療特約をつけようと思うと、主契約も入らないといけないです。

 

う〜む、どうしましょう。

 

でも、先進医療はどんなときに行われるのでしょうね。

今、一番多いのは、白内障の手術の時だそうです。

白内障とは、目の中の水晶体が濁ってしまい視力が低下する病気です。

イメージとしては、カメラのファインダーをのぞいた時、レンズが曇っていて、視界がぼやけて見えにくい感じです。

白内障になる原因のほとんどは「目の老化」によるもので、50~60歳代で60%、70歳代で70%、80歳代ではほぼ100%の人が発症すると言われています。

 

先進医療の『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』は、焦点を遠近どちらにも合わせることができる技術で、「遠くは見えるが、近くは見えない」ということを防ぎます。

 

一般的に行われる白内障の治療は、健康保険適用後の自己負担費用が3~5万円ですが 
先進医療は、全額自己負担になるので、50万円ぐらい位かかるそうです。

 

「ネオ deいりょう」

う〜む、どうしましょう。