ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

介護タクシーのドライバーさんとの会話・・・ケアードライバーさん

昨日、母の送迎をお願いした介護タクシードライバーさんとの会話・・・

http://4.bp.blogspot.com/-J0AMXRj4f-U/VozfSkOVxII/AAAAAAAA2jU/p-YWcr3bcn0/s800/kurumaisu_obaasan4_laugh.png

車の中での世間話・・・

www.acpa-main.org

なぜ、介護タクシーのドライバーになったのか。

 

介護タクシーのドライバーをして今年で5年目

 

定年まで働くつもりだった会社が倒産

その時まだ50代

 

失業保険をもらいながら、何か資格を取ろうと思い、

まず、介護職員初任者研修を受けたそうです。

 

そこで知り合った同じ研修を受けていた人に、

介護タクシーのドライバーをしないか」

と、声をかけられ、今の仕事に。

 

介護タクシーの需要はどんどん増えている!

これで食べていくことができる!

 

そんな理由で今の職業につくことを決心されたそうです。

 

失業して、タクシードライバーへという道はよくあるらしいけれど、

介護職という資格を取ることで、また道が開けます。

 

今は、介護タクシーがどんどん増えてきてるので、ライバルが増えたそうです。

でも、まだまだ、介護タクシーの需要は増え続けるでしょう。

 

忙しくて、時間を詰めすぎると、

「次のところへ行かないといけない」「もう時間がない」と思う焦りが顔に出て、利用者に嫌な思いをさせないように、時間に余裕をもっているとのこと。

良心的な介護タクシーで安心、

 

また次にも、ここの介護タクシーを利用しようっと。

 

ちなみに今日のドライバーさんは、ケアードライバーと言うそうだ。

 

ケアドライバーは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格を持っているため、送迎や乗降する際の介助や病院内での付き添い、さらには、車いすや寝台のまま乗車するなど難しい介護を対応するケースもあります。

 

とネットで調べたら書いてありました