ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

アラモモ(アラ100)の母は、他人に「かわいい」と言われることが嫌です。

f:id:emike:20170706122402j:plain

 

アラモモの母が今の施設に入る前、入院していた病院でのことです。

 

 

看護婦さんが、わたしの母に

 

「おばあちゃん、かわいい、かわいい。」

 

というのです。

 

 

母は、そのときはニコニコしていましたが、

 

看護婦さんがいなくなると、

 

「何がかわいいの、失礼な、子供じゃああるまいし・・・。」

 

とプリプリ怒っていました。

 

 

 

今の施設に入ってからすぐのことです。

 

 

母は、

 

「ヘルパーさんが、わたしのほっぺた触ってかわいいていうから、いや。」

 

「おっぱいを面白がってさわるから、気持ち悪い。」

 

というのです。

 

(このときは、男のヘルパーさんでした。)

 

 

わたしは、事務所の方にその話をしました。

 

角が立たないように話をしました。

 

 

「親しみを持ってくださるのは、ありがたい。

 

でも、子どもあつかいするのはやめてほしい。

 

年寄りだからといって、おっぱいをおもしろがって触るのはやめてほしい。

 

ちゃんと、さん付けで呼んでほしい。」

 

 

それからは、そういうことはなくなりました。

 

 

ちなみに、母のおっぱい触った人は、いつの間にか、施設からいなくなりました。

 

わたしが、告げ口したからではありませんよ。