ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

アラモモ(百)の母からはがきが届きました。

f:id:emike:20170730220659j:plain

 

98歳の母からはがきが届きました。

 

海外にいるときは、わたしは携帯電話をWi-Fiにだけつなげています。

 

LINEで無料通話ができるので便利です。

 

でも、施設にいる母は携帯電話を持っていません。

 

わたしに連絡するときは、施設にある公衆電話からかけてきます。

 

 

わたしが、ソウルに旅行に行っているとき、わたしの携帯電話にかけても通じなかったのでしょう。

 

 

わたしにはがきを送っていました。

f:id:emike:20170730221830j:plain

 

字が思うように書けなくなったといつも嘆いている母なんです。

 

老いていくということは、できていたことが少しずつできなくなっていくということです。

 

達筆だった母が、今ではおもうように書けなくなりました。

 

それでも、むすめのわたしに伝えたくて、ペンを取ったのでしょう。

 

いつまでたっても、母から見るとわたしは可愛いむすめです。

 

「暑いからお身体大切にね」なんて・・・

 

母からのはがきです。