ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

松平健さんに恋する乙女は99歳

 

猛暑で外に出るのが恐ろしいです。

外に出ると肌がジリジリと日焼けしているのがわかります。

 

f:id:emike:20180716230125j:plain

 

母から留守電・・・

 

「この前はありがとう。今度、いつこれる?」

来て来てコールです。

 

松平健さんのファンの集いのお知らせが届いたので、

申込書を取りに来て欲しいという電話でした。

 

母の声は弾んでいます。

またまた、恋する乙女の声になっています。

 

母は、松平健さんに生きる元気をいただいています。

 

まあ、私も頑張るしかないです。

 

炎天下の中を、自転車に乗って母のいるホームに行きました。

 

 

ホームに着くと、事務の方が

「顔が真っ赤ですよ。大丈夫ですか?」

と、声をかけてもらいました。

 

大丈夫じゃないです。

熱中症になりかけ・・・

 

 

だのに、母は「買い物に行きたい」というのです。

部屋の中にいると外の暑さがわからないのですね。

 

「私が買ってくるから・・・」

と言って、母に頼まれたものを買いに行き、

またホームへ戻りました。

 

頼まれたものは化粧品です。

 

松平健さんに会う頃には、

今以上に美しくなっていてくださいね。

 

 

 

もう私は汗だくだくです。

 

 

 

「ファンの集い IN 大阪」

明日、郵便局に行って参加費を振り込んでおきますから・・・

 

 

あ〜、しんどいにゃ〜ん

f:id:emike:20180716230118j:plain