読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

「断捨離」というけれど・・・。捨てられないもの 〜亡き夫の遺した書籍〜

「断捨離」というけれど・・・。捨てられないもの 

 亡き夫の遺した書籍 

f:id:emike:20170517125100j:plain

書斎の本棚の一番上に、他の本とは別格のように並んでいる書籍。

 

タバコのヤニが背表紙にこびりつき、書籍名を見えにくくしている。

 

夫が亡くなったと聞いて駆けつけてきてくれた学生時代の親友が、それを見て涙した書籍。

 

わたしの知らない世界。

 

青春時代を共に過ごしたからこそ、その書籍を見て涙する友。

なつかしいと言っていた。

何を仲間と語り合っていたんだろう。

 

 

夫が亡くなってから、3年と少し。

やっと、冷静に夫の書斎に入ることができるようになりました。

 

当時は、部屋に入るたびに、涙が出て、部屋の掃除ができませんでした。

 

猫が勝手に入って、猫の毛が床に溜まっていました。

息子が、無理して掃除しなくていいからと、代わりにしてくれました。

 

わたしの知り合いは現在75歳、わたしと同じ年にご主人が亡くなられました。

「3回忌が終わったら、夫の遺品は整理したよ。」

と言っていました。

 

なかなか、捨てられません。

 

単行本は夫が壁の板をとって、本棚にしていました。

わたし、ほとんど読んだことがないです。

f:id:emike:20170517131754j:plain

 

断捨離かあ・・・思わずため息

f:id:emike:20170517132825j:plain