ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

「おばあちゃんは鬼さんと友達だよ」と言うと、「ごめんなさい」という2歳の孫でした。

ガスストーブの上に座っている我が家の猫ちゃん

f:id:emike:20180204231545j:plain

 

暖かくないよ。

どうして〜

前足を伸ばしてみたよ。

f:id:emike:20180204231623j:plain

 

アリャリャ!

f:id:emike:20180204231616j:plain

 

いつも、ストーブの前に座っているのに、

今日はストーブの上にちょこんと座っていました。

 

どうしたんでしょうかねえ。

 

 

 

今日は、8月4日に開催する会合で使う会議室の予約に朝から行ってました。

そこは公的施設なので、安く借りることができます。

6ヶ月前から予約開始なので、ホールを借りるのは人気なので抽選です。

でも、会議室は空いていて、予約をとることができました。

 

 

 

昼からは、娘と孫達とで母のいる施設に行ってきました。

母は、ベッドの上で横になっていました。

母は私たちの顔を見ると目に涙をためていました。

しばらく来ていなかったので寂しかったのでしょうね。

 

ちょうど、2歳の孫が昼寝していたので、

母の横に寝かしました。

母は97才違いのひ孫の手を握りしめて、ニコニコしていました。

 

 

 

施設からの帰り、

娘と孫たちは我が家に寄りました。

 

孫たちが家の中で暴れるので、

「おばあちゃんは、鬼さんと友達だから、今から鬼さんに来てもらう。」

と私が言うと、

「ごめんなさい。」

という2歳の孫。

 

昨夜、パパさん鬼がやってきて、

「ごめんなさい。ごめんなさい。」

と言って大声で泣いたそうです。

 

泣きながら、

「鬼は外!」

と言って豆を投げていたそうです。

まだまだ、鬼の面で怖がっている2歳の孫です。

 

4歳の孫は、「あの鬼はパパやん。」

と言って笑っていたそうです。