ひとりになっても豊かな老後

子どもが自立し、夫を見送った後に見えてくるものは・・・。

孫たちとの時間、我が子の保育所時代を思い出しました。猫ちゃんたちはどこに・・・

 

f:id:emike:20170608102834j:plain

朝、保育所に送って行こうと家を出ようとした瞬間、子どもが

「トイレ行きたい、うんち出る〜。」

と、いう。

 

「仕事に間に合わない。」

一瞬、頭をよぎる。

 

夫は、

「もう家を出ないと遅刻するから・・・。」

と言って、わたしと子どもを置いてさっさと家を後にする。

 

「あっ私も遅刻しそうなんだけど・・・。」

 

子供をトイレに行かせ、保育所に向かい、職場へ・・・

 

「間に合った・・・」

 

夕方になり、保育所のお迎えの時間が近づく。

「間に合わない」

 

家に仕事を持ち帰り、必死で、保育所へ向かう。

 

我が子がぽつんと待っていた。

 

ある時、我が子に言われた。

「お母さんはいつも後ろ向いてる」

と・・・

 

朝、子どもを保育所に送って行った後、我が子に背を向けて、職場へ向かおうとする母の姿を見て、幼いながらも思ったのであろう。

 

我が子は、母のわたしに訴えていた。

 

「ちゃんと、ぼくを見て。」

と・・・。

 

 

 

そんな日々も遠い昔の話です。

 

今、娘がわたしと同じようなことをやっています。

 

常勤で、海外出張となると、お迎えに行けません。

 

朝は娘の夫が保育所に送って行きます。

お迎えはわたしです。

 

わたしの姿を見ると

「おばあちゃ〜ん」

と言いながら、走り寄ってきます。

 

 

ご飯を食べさせ、一緒に遊びます。

今はクルクル棒にはまっていて、いっしょに広告紙をクルクルクルと丸めます。

それで、剣や時計、クルクルキャンディ、メダルなど色々作ります。

 

夜10時ごろ、娘の夫が迎えに来てくれます。

 

子どもの小さい頃、私の夫は仕事の帰りが遅くて、わたし一人で必死でした。

 

保育所の送り迎え、頑張っていたなあ。」

「時々、一人で、しんどすぎて、泣いていたなあ。」

なんて思い出します。

 

子育てが終わってしまえば、なんてことはありません。

楽しかったなつかしい思い出に変わります。

 

 

今は、わたしと猫2匹で静かに暮らしています。

 

孫が2人来ると、猫ちゃんはどこかに隠れて姿をあらわしません。

 

孫たちが帰った途端にどこからかあらわれてきます。

 

お腹が空いているので、餌を必死で食べます。

f:id:emike:20170608102604j:plain

 

お腹が落ち着いたら、わたしに擦り寄ってきて、ゴロゴロゴロゴロ喉を鳴らして、甘えてきます。

 

 

孫を保育所に迎えに行き、一緒に過ごしている時に昔のことを思い出しました。

 

でもあの時のように自分に体力がないので、本当に疲れます。

 

きょうも保育所お迎えです。

娘の夫は何時に迎えに来てくれるかなあ。

f:id:emike:20170608102909j:plain

孫ちゃんたちとの日々も、いつかは楽しかったなつかしい思い出になるにゃんにゃん。